1. >
  2. >
  3. 介護情報雑誌

介護情報雑誌

雑誌情報

介護の情報を掲載した介護情報雑誌が作られました

介護と言うのは、ある日突然必要になることもあります。

昨日まで元気だった人が突然倒れれば、やはり介護が必要になってしまいますよね。

この時、介護をする側が「自分の生活をどうしたらいいのだろう」「介護と仕事の両立は可能なのだろうか」という問題で、悩むケースが少なくありません。

そこで、そんなひとたちが頼ることができるものとして「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」というものが配布されるようになりました。

この「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」、どんなものなのでしょうか。

「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」の目的

介護が必要になった家族ができたとき、その介護の比重の重さから「仕事を辞める」という選択をする人がいることをご存知でしょうか。

介護をしながら働くというのは、本当に苛酷なこと。

「仕事をしたいけれど、介護のことを考えるとあきらめざるを得ない」という人は多くいて、そういう人が最終的には仕事を辞めるという決断をすることが多くあります。

介護はどんなにやってもお金をもらうことができるわけではありません。

ですから、生活のためにはどんなに辛くても仕事と並行してやらなければならず、両立に行き詰ってしまっている人と言うのも存在します。

そういう人に、自分の状況の相談先があるということや、どこに相談すればそいいのかなどの情報をまとめたものが「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」。

介護をする側の人が、きちんとした情報を得て介護のサポートを受けることができるように…という思いでつくられたのが、この「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」になります。

介護をしている人が、生き生きと生きることができるように

介護に関しては、介護の重要性が叫ばれているにも関わらず「介護をする側がきちんとした情報を得ることができていない」という問題が出てきています。

確かに、介護に関しては情報をどう集めていいかわからないことってありますよね。

そんなときに頼ってみてほしいものとして「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」が作られました。

どこに相談すればいいか、相談のためには何が必要なのか、そういった情報が全部記載されているこの「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」をぜひ頼りにしてみてほしいと思いますね。

「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」、本当にいろいろな人に利用をしてほしいです。

介護をするために必要なのは、やはり「味方」でしょう。

自分の介護生活を守ることができるような味方として、「介護情報雑誌・ケアコンハンドブック」を利用してみてくださいね。