1. >
  2. >
  3. 社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事内容

聴診器

ソーシャルワーカーとして高齢者を支援する仕事

「社会福祉士」は、「介護福祉士」「精神保健福祉士」と並ぶ日本三大福祉士の一つです。
3つの中における「社会福祉士」の仕事は、総合的にその人にとっての介護や福祉のベストは何かということを考えそのためのプランを提案していくことになります。

介護福祉士が実際の介護をしていく専門職であり、精神保健福祉士が主に精神的な障害を負っている人に対しての介護や福祉をしていくための仕事をしていくものであるので、かなり役割的には異なる部分が多いということが言えます。

よく社会福祉士=ソーシャルワーカーというふうに捉えられていることもあるのですが、この二つの仕事は完全に一致しているというわけではありません。
というのもソーシャルワーカーと呼ばれる仕事は特に資格的な制限が付けられているわけではなく、無資格でも職務遂行のスキルがあるとされれば就業をすることは可能だからです。

一方で行政機関である「地域包括支援センター」では実質的にはソーシャルワーカーとされる業務をそのまま行うときに、採用の条件として社会福祉士でなくてはならないと明確に定めていることもあります。

ただいくら無資格で就業をしても違法ではないとはいえ、ソーシャルワーカーは介護に関する知識や現状把握などが必須の能力になってくるので、民間企業に就職するときであってもあらかじめ社会福祉士を取得するという人が大多数です。

社会福祉士となるためには4年制大学の福祉学科を卒業するとともに、卒業後に社会福祉士国家試験を受験しなくてはいけません。
大学に通う以外にも福祉系の短大や専門学校を出てから実務経験を必要年数行ったりすることで同じように試験の受験資格を得ることができます。

取得することで職能手当を期待できる

介護や福祉の現場においては、一応な国家資格が置かれているものの無資格でも従事できるという仕事が数多くあります。
ですが実際に仕事をしている人をみると、就業時には無資格であっても数年間勤務をしたあとには資格取得を目指すというルートが多く見られます。

これは同じ業務をするにしても資格があることで職能手当がついたり、昇給や昇進の条件になることが多いためです。
また取得をすることにより、自分自身のキャリアアップのための大きな道が開けるので将来的に長く介護や福祉の仕事をしていきたいと思うならこの社会福祉士はぜひとも目指していきたいところです。

社会福祉士の資格があることで、福祉や医療の現場だけでなく、保健や教育、司法の現場で仕事をしていくこともできます。
現在行政や福祉に関わる仕事において、介護に関する知識はほぼ必須と言ってもよいでしょう。
今後より重要性を増すスキルを身につけられる資格なので、専門職でなくとも関連業界を目指すときにとっておくと非常に有利です。

社会福祉士の具体的な仕事

行政機関における仕事をするときこそ社会福祉士という名称になりますが、それ以外の民間企業などの実務においては「ソーシャルワーカー」や「生活相談員」といった名称が用いられます。

それらをひとまとめにした具体的な業務内容としては、現在もしくは近い将来に介護が必要になる人とその家族に対し、現状ではどういったサービスがありどんなふうに利用をしていくことができるかということを提案するということです。

相談を受けた時に作成をするのが「ケアプラン」というもので、これは要支援や要介護に認定をされた人に対して専門職の人が提案をする形で出されるものです。
「ケアプラン」はケアマネージャーとされる人が作成をすることとなっていますが、社会福祉士もその計画に携わり、金銭面や入所時の面接などより具体的な対策をするときの手伝いをしていきます。