1. >
  2. >
  3. 高齢者福祉施設の種類

高齢者福祉施設の種類

高齢者福祉施設の種類

高齢者福祉のための施設にはいくつか種類があります。
最も有名なのは「老人ホーム」と言われるものですが、これは「特別老人ホーム」と「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム(A型・B型・ケアハウス)」の三種類に分類ができます。

老人ホームの他にも、老人デイサービスセンター、高齢者生活福祉センター、老人福祉センター、といったようにそれぞれ症状に応じて選ぶことができる施設が多数存在しています。
またこれまでは別のものとして扱われがちだった、医療のための診療所や病院、また障害者のための施設も高齢者のための福祉施設と一体的に活動ができるような体勢ができてきています。

数が増えた分名称だけを聞いてもすぐに何をするところかはわかりにくなってしまったということはありますが、利用前に社会福祉士など専門の相談員に詳しく内容について問い合わせをしてみるとよいでしょう。

参考:老人ホーム・介護施設の種類

高齢者福祉サービス利用の流れ

そうした複数の組織や施設の中から、自分や家族に適したものを利用するときには、まずは市区町村にある福祉課へ相談をすることをおすすめします。
民間の施設などでは直接申し込みをすることもできますが、どのようなサービスや施設が適切かということは受ける人の健康状態や経済状態においてかなり変化してくるので、まずはどのようなものがあるかということを知る意味で専門の相談員のもとに行くのがよい方法となります。

特に高齢者福祉サービスのうち「養護老人ホーム」を利用する場合には、必ず市区町村の入所判定委員会による判断を受けなくてはいけません。
自治体によっては独自に施設やサービスを運用していることもあるので、そうしたものを案内してもらうこともできます。