1. >
  2. >
  3. シルバー人材センター

シルバー人材センター

働く高齢者

シルバー人材センターとは

シルバー人材センターとは「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」にもとづいて作られている組織であり、登録をした高齢者に対して、臨時や短期の仕事を紹介していくという活動を行っています。

組織は公益法人であるため、そうした職業の紹介によって団体が利益を上げるということはなく、もし利益を生じるタイプの仕事の募集が来た場合には別に職業紹介事業を行う組織に回すなどといった方法がとられています。
シルバー人材センターで紹介をしている仕事は主に軽作業や特定の技術が必要となる短期的な仕事で、定年後の高齢者が地域のための活動の一環として受けるというケースが多くなっています。

シルバー人材センターの利用方法

シルバー人材センターの目的は、高齢者がその仕事を通じて生きがいを感じることができるとともに、地域のための活動を行う人材を確保するということにあります。

利用方法としてはまず会社を定年退職した高齢者が全国にある「シルバー人材センター連合」の会員となり、登録をしておきます。
シルバー人材センターでは都道府県や企業団体、または個人から仕事を仲介するので、その中から登録した人にあった仕事を紹介して就業をします。

仕事の種類としては、技術分野や技能分野などかなり多数の範囲に及んでおり、主に清掃や配達といった軽作業から、庭の剪定や大工仕事といった特殊な業務を任せることもあります。