1. >
  2. >
  3. 介護の資格

介護の資格

医療系の本2

介護と福祉の仕事には資格が必要?

介護や福祉の仕事は、専門的な知識や技術を必要とするものが多くあります。
就職そのものは特に何らかの資格がなければいけないというようなものはそれほどないのですが、実際に働いている現場の人を見ると何らかの資格を取得していることがほとんどです。

ただまずはアルバイトなどで最初は無資格からスタートし、そこで一定期間職務経験を積むことにより受験要件を満たして資格取得を目指すというケースが多くなっています。
いずれにしても長期的に介護や福祉の仕事をしていくなら、どこかのタイミングで資格を取得していくことを強くおすすめします。

主な介護と福祉の資格

介護や福祉の資格は非常にたくさんありますので、まずはどんな資格がありそれを取得することでどのような仕事をしていくことができるかということを知っておく必要があります。
介護関連の資格からみていくと、まず最も知名度があるのは「三大福祉資格」と言われる介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士の3つです。

この3つの福祉士は国家資格であるため、数ある介護・福祉系の資格の中でも特に取得が難しいものと言われます。
ですが資格そのものの難易度ということでいうと、筆記試験よりむしろ実習や経験の方が重要視されているので適切な勉強期間をとれば取得はそれほど難しいというわけではありません。

これから資格を習得することを考えている人にまずおすすめになるのが、入り口的な資格となっている「介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)」というものです。
他にも「ケアマネージャー(旧:介護支援専門員)」といった仕事も初めての人におすすめです。

参考:介護福祉の資格一覧表

複数の資格を習得してキャリアに活かす

介護系とはまた別に取得を目指してもらいたいのが福祉系の資格です。
福祉には高齢者福祉や児童福祉、障害者福祉といったジャンルがあります。
福祉のための資格としては、高齢者との接し方を学ぶ「高齢者コミュニケーター」や、心身への障害を持つ人にも住みやすい住宅を提供する「福祉住環境コーディネーター」といったものがあります。

これらの多くは民間の団体が独自に主催している資格であるので、単体で役立つものというよりは実際の業務をしていくにあたり、きちんとした知識を得るために取得をするという方法がとられています。
介護や福祉の資格は複数取得をすることでより幅広い視野での業務を担当していくことができるようになります。