1. >
  2. >
  3. 介護タクシー

介護タクシー

病院の入り口

介護タクシーを使えば自由に移動ができる

高齢者にとって便利な移動手段として注目をされているのがタクシーですが、車いすを利用している人や自力で乗り降りが難しいという人にとってはなかなか利用しづらいということがあります。

全国の自治体の中には自力で長距離の移動が難しい高齢者に対してタクシー利用券を配布したり、高齢者割引制度をつけたりして利用を促進しているところもあります。
特に地方に住む人間にとっては実質自動車がなければ普段の買い物をすることすらままならないからです。

そこで体が不自由な高齢者でも安心して使用をすることができるようにしたのが「介護タクシー」というものです。
タクシーの中には「車いす対応」として大きな専用車輌を使っているものもありますが、その車輌への乗り降りは介護職員初任者や介護福祉士といった資格がないと行うことができません。

乗り降りをするときに資格のある介助者が必要となるタクシーのことを「福祉タクシー」といいますが、「介護タクシー」では運転手がそうした資格をあらかじめ取得しており高齢者一人のときでも乗り降りをすることができるようになっています。

予約をすることでいつでも利用可能

介護タクシーは全国にあるタクシー事業所が独自に設置をしているものなので、どの地域でも必ず自由に使用をすることができるというわけではありません。
営業をしている会社のほとんどが完全予約制をとっているので、まずは事前に利用をしたい時間帯で予約ができるかを尋ねてみてください。

介護タクシーでは車いすでも乗り降りがしやすいスロープ付きの車輌となっており、運賃も通常のタクシーとほとんど変わりがありません。