1. >
  2. >
  3. 介護業界でキャリアアップ

介護業界でキャリアアップ

聴診器

介護業界はキャリアアップがしやすい

介護の仕事では早期離職者が多いことが問題になっていますが、これは大変もったいないことです。
というのは、介護に関する仕事というのは大変幅広くなっているため、仕事を長く続けていくことで身につく技術や経験は、次の仕事につながるキャリアとして活かしていくことができるからです。

老人ホームや訪問介護で直接的な介護にあたる人というのは、ほとんどの場合未経験であったり未資格であったりします。
ですがそうしたところから実務経験を積み重ね、資格の取得を目指していけばより高度な介護や福祉の仕事に携わっていくことができます。

介護系の資格は国家資格と民間資格を合わせてかなりの数になっているので、それらのうちいくつかを組み合わせて取得していくことで、それまでにない新しいビジネスを作り出していくこともできます。

介護・福祉業界のキャリアアップには資格取得がおすすめ

介護・福祉業界でキャリアアップを目指すなら、やはりどこかのタイミングで資格を取得することを目標にしておくべきでしょう。

中でも特におすすめとなるのが、国家資格である介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士の三大福祉士の資格です。

このうち介護福祉士は実際に介護を行うときに必要な知識や技術を学ぶものであり、直接介護の仕事をするときにも、介護施設内で管理を行う立場にも大変有効です。
次の社会福祉士は、ソーシャルワーカーやケースワーカーと呼ばれる仕事をするときに必要になるもので、現在どのような福祉政策や施設が存在しており、どういった人にどういうサービス・補助があるかということを案内していく仕事をします。

最後の精神保健福祉士は、現在急激に数を増やしてきている精神面での病気や問題を抱えてしまった人に対して、どのようなケア方法があるかということの相談に乗るために必要になります。

いずれも資格を習得するためには、実務経験や教育課程などで受験要件を満たしたのちに国家試験を受けなくてはならないこととなっています。

他にも介護や福祉の活躍フィールドはたくさんあります

介護や福祉の仕事は、直接的にその業務を行う施設や団体ばかりではなく民間企業にも広く必要とされています。
例えば今求人数が増えてきているものの1つに「企業内保健室」への勤務があります。
これは主に看護師を対象にしたものですが、大企業などで内部で起こるトラブルや病状について相談を受けたり適切な対応をとっていくための方法を提案していくものです。

他にも、住宅メーカーや食品メーカー、インテリアメーカーなどでは介護や福祉の仕事を経験した人を製品開発スタッフとして求人するというケースも見られています。
介護や福祉の業務内容は実際にそこで働いた経験のある人でないとわからない部分がたくさんあります。
ぜひ経験を活かして新しい世の中のニーズに合った仕事を探してみてください。