1. >
  2. >
  3. 保育士の労働環境

保育士の労働環境

子供

保育士の仕事と資格

保育士とは、保育園などの施設で保育業務を行う職業であり、保育業務に従事するにあたって必要な専門知識や技術を備えるために取得する資格名称の1つです。
保育士として子供を預かるときには、衛生管理や安全管理を行わなくてはならないため、事前にきちんと学習し研修を受けておく必要があります。

保育士資格は国家資格として取り扱われる「排他的業務を行う資格」となっており、子供を預かるための業務の中でも最も多くの人数を一度に預かることができるものとなっています。

保育士は、子供の身の回りの世話だけでなく、就学前に身に着けておくべき基本的な生活動作を教えたり、遊びや作業を通して社会性を養いルールを守るということを覚えさせたり、保育と子育てのプロとして保護者に子供の様子を教えたり、アドバイスやサポートをしたりなど、その仕事内容は非常に多岐にわたります。

人手不足となっている保育士

保育士の仕事は、女性を中心に大変人気のある職種となっています。
ですが、その反面で就職をしたあと長く続けることができずに早期に退職をしてしまったり、そもそも資格はあるのに就職を希望しないという人も多く見られます。

保育士の資格取得は決して簡単なものではなく、きちんとした勉強や実習を経なければ取得することができません。
にもかかわらず就職先として選ばれにくいのは、仕事内容に対して給与額が総じて安いということが少なからず関係しているでしょう。

実際に退職をした保育士さんや就職を希望しなかった資格所有者に聞いたところ、給与の問題を一番に挙げる人が相当数にのぼりました。
勤務先によってはスーパーやコンビニでのバイト以下の給与というところもあり、いくら子供が好きでもさすがにモチベーションを維持するのは難しいという状況が見られています。

保育士の仕事では勤務先選びが大切

保育園は公立と私立のものとがありますが、いずれもその施設の園長さんの考えが非常に反映されやすいので、給与面や運営方針で一度対立してしまうとなかなか元通りに仕事がしづらいということもあるようです。

しかし考えようによっては保育士は慢性的に不足をしている職種ということですから、求人の数も多い傾向にあります。
今では保育士の求人サイトがたくさんありますし、キャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進められるサービスも多いです。
(参考)保育士の求人・転職・派遣なら【保育のお仕事】≪公式≫
自分に合った職場を見つけるために、情報収集は入念に行うことが大切です。