1. >
  2. >
  3. 看護師として児童と関わる

看護師として児童と関わる

怪我した子供

広がる看護師の活躍の場

看護師は現在最も社会的需要が高い職種の1つですが、その活躍の場として今注目されているのが、児童福祉の現場です。

児童福祉のための施設としては、地域の児童相談所や児童養護施設、またその他にも知的障害者施設や肢体不自由児施設といったところがあります。
他にも地域の保育園や託児所など子供の集まる場所においてはどこでも、看護師の職を持った人の常駐はほぼ必須と言えるほどになってきています。

中でも看護師として児童福祉の現場で貴重とされているのが、医療関連施設で小児科を担当したことがある人材です。
医療関連の知識とは別に、子供特有の病状や問題への対応力も児童福祉の現場においては大変重要な意味を持ってきます。

看護師特有のスキルを児童福祉に生かすには

看護師や保健師といった、医療関連の知識・技術を持った人が特に多く求められているのが地域の児童相談施設です。
これは、健康面での知識を持っている人材であるからこそ早期に発見できる問題の芽があるためです。

中でも現在社会問題化している児童虐待の問題は深刻で、子供のちょっとした変化から虐待の可能性を見つけ、そこから適切なケアをとっていくことができることが児童福祉の現場における看護師の役割となっています。

具体的な仕事としては、福祉関連施設職員による通報調査(家庭訪問や相談の受付)や、児童の面接、検診・通院ケアといったものがあります。
大きく業務を分ければ、個別に訪問もしくは面談をして虐待を発見する仕事と、実際に保護をされた子供に対しての支援との二種類となっています。