1. >
  2. >
  3. 介護支援専門員の仕事内容について

介護支援専門員の仕事内容について

プラン

介護保険法に定められる介護支援専門員の仕事

介護支援専門員は別名「ケアマネージャー」と言われますが、この二つの意味は完全に一致しているわけではありません。

というのも「ケアマネージャー」とは介護保険法に定められている「介護支援専門員」という資格を取得した人が勤務をする担当業務のことを指しているので、正確には「ケアマネージャー」は職業名称で「介護支援専門員」が資格名称ということになります。

ただし実質的には「ケアマネージャー」として仕事をするためには「介護支援専門員」の資格がなければいけませんので、ほぼ同じものと考えてもよいでしょう。

そんな「ケアマネージャー」の仕事ですが、介護保険法の中に専門的に担当できる業務が明確に指定されています。

具体的には老人ホームや病院などの医療関連施設に就業し、そこで要介護者や家族からの相談に乗り適切なアドバイスをしていくことです。

アドバイスでは介護保険利用者の希望や経済状況などを詳しくヒアリングをし、どういったサービスや治療プランが適切であるかを考えていきます。

また提案したケアプランを実際に行っていくために施設や自治体の窓口に問い合わせをし、場合によっては本人や家族の代わりに手続きを進める代行業務も行います。

介護系の資格者からの取得が大半

「介護支援専門員」の資格を取得した人の割合を見てみると、その大半は介護職からのキャリアアップです。

最も多いのが介護福祉士の資格者で、他の関連資格からの受験者を大幅に引き離しています。
一方で相対的な数は少ないものの医療関連資格をもとに介護支援専門員を目指す人もおり、医師免許取得者も毎年合格者が出ています。

介護支援専門員の仕事においては医療現場とも深い関わりが必要になりますので、医療関連資格者の存在は実際の現場において大変ありがたいものとなります。

介護支援専門員の資格者はケアマネージャーとして本人や家族にケアプランを作成するだけでなく、介護保険利用者が自立した日常生活を送れるようになるように、それぞれの現場施設と連携をとりながら紹介していくことです。

実際にサービスにあたる介護職スタッフや介護保険の計算を行う事務職の人に直接指示をすることもあり、リーダーシップをとれる力も多くの場面で求められます。

主な就職先としては介護保険施設や保健福祉センター、病院、居宅介護支援事業者などです。

どちらかというと介護支援専門員の資格を取得してから就職活動を行うのではなく、現在勤務をしている施設においてキャリアアップをしていくために取得をすることが多くなっています。

資格試験は易しくはありませんが、実際に就業してからの方が多くの知識・技能を問われるでしょう。