1. >
  2. >
  3. 生活指導員と支援相談員の違いとは?

生活指導員と支援相談員の違いとは?

違い

勤務先の違いによって異なる職業名称

介護に関する仕事として非常によく似ているのが「生活指導員」と「支援相談員」です。
いずれも介護・福祉施設に勤務をして、そこで必要な支援についての援助活動をしていくことが勤務医内容となります。

この二つの違いは勤務する就職先の施設がどこであるかということで、「生活指導員(生活相談員)」が全般的な介護・福祉施設で勤務をする仕事であるのに対し、「支援相談員」は老人保健施設に配置される人のことを特別に指すものです。

ただし特別養護老人ホームやその他の老人施設と、老人保健施設とに勤務する生活指導員の業務内容に大きな違いがあるかと言うとそういう訳でなく、どちらも実際に携わる支援活動の内容は似通ったものとなります。

あえて違いを明確に言うならば、生活相談員は「ソーシャルワーカー」として多くの場所で活動を行いますが、支援相談員は老人保健施設以外の場所では勤務をしません。

必要な資格や経験、適性もほとんど同じですので、就職先を選ぶときに特にどちらでなくてはいけない、という事もないでしょう。

キャリアアップのための転職先としても、生活相談員と支援相談員を行き来するということも可能です。

実際の業務内容と採用先

生活指導員も支援相談員も、就職のために必ず取得をしておかなければいけない資格はありません。
ですが未経験で出来る業務では無いため、実際に求人が出されるときには社会福祉主事任用および、社会福祉士の資格取得をほぼ必須としています。

社会福祉主事任用や社会福祉士の資格を取得するためには専門課程のある大学や短大、その他の養成学校を卒業しなくてはいけません。

専門課程においては実習で実際の現場で仕事を経験しますので、そこで老人介護施設と老人保健施設の違いを体験してみるとよいのではないでしょうか。

ちなみに「介護老人保険施設」では、厚生労働省の定める要介護者に対して、施設サービス計画に基づいた看護や医学的管理に基づく機能訓練などが行われます。

一般的な介護型入所施設と比較して、医療ケアが必要な人が多く利用することになるのです。

そこに勤める支援相談員においては、医療関連施設との連携が大切になってくるということが大きなポイントになります。

医療ケアが必要となる老人保健施設は、その患者の多くは寝たきりとなるような重篤な身体の症状や、認知症のような自立した生活が送れない精神疾患を患う患者さんが多く集まる場所です。

支援相談員はそうした医療ケアが必要になる高齢者に対して、ケア内容についての相談を受け付けるとともに、施設内のベッドを管理したりクレーム対応をしていったりします。

本人以外にも、入所をしている人の家族からの相談も受付るのが仕事です。