1. >
  2. >
  3. 生活指導員になるには?

生活指導員になるには?

相談

福祉施設に勤めるソーシャルワーカー

「生活指導員(生活相談員)」とは、福祉施設に入所している高齢者に対して、各種の相談・援助、援助計画の立案・実施などをしていくための仕事です。

その他にも施設の関連機関とも連携をとり、その上で本人にとって必要なケアをしていくための調整作業もしていきます。

「生活指導員」と「生活相談員」はいずれも同じ仕事を示すものとして使用されており、施設によって呼び名が異なるようです。

本来的にはソーシャルワーカーとして事務手続きを中心に行うのが業務なのですが、小さな施設や介護職員が少ない施設では直接生活支援や訓練を担当することもあります。

「生活指導員」の仕事は大きく2種類に分けることができます。
1つめは特別養護老人ホームなどの高齢者入所施設に勤務して、そこで本人または家族からの要望や悩みを聞いて、その対応をしていくというものです。

実際に勤務をする生活指導員のほとんどがこれを業務としていますが、前述したような相談業務を中心に行いながら、入所中に起こった人間関係のトラブルなども対応していきます。

2つめの仕事はやや特殊で、身体または知的障害者施設に勤務をして、そこで生活援助をしながら自立のための訓練をしていくものです。

勤務をする場所は違っていても、介護を受ける人の立場に立ってどういった支援が本当に必要であるかということを考える役割を担います。

生活指導員になるための資格

生活指導員になるために必須となる資格はないのですが、実際の現場においては特定の資格を取得している人を優先的に雇用しているので、未経験から勤務をすることはできません。

採用基準はそれぞれの施設によって異なりますが、一般的には「社会福祉主事任用」資格を取得していることが必須です。

就職のルートとしてはまず福祉系学部のある大学に進学をし、そこで社会福祉主事任用を取得したのちに社会福祉士を取得し、そこから採用試験を受けます。

就職先となるのは主に介護老人福祉施設ですが、その他にも特養老人ホームや在宅介護支援センター、指定通所介護事業所、指定短期入所生活介護事務所、老人デイサービスセンターといったところがあります。

福祉系資格は専門の課程を経ないと取得できないことになっていますので、大学や短大などで専門課程を受けることで、実習を通して実際の生活指導員の現場に触れることが出来るのです。

給与水準としてはだいたい大卒で月収20~30万円程度となっており、一般的な介護職と比較をすると高めに設定されています。

勤務形態としては日勤が一般的ですが、当日の援助計画の確認やミーティング、施設内の見回り、入所希望者への家庭訪問といったように活動範囲は広い仕事です。