1. >
  2. >
  3. 生活指導員の適性について

生活指導員の適性について

家族

看護師などの医療系からの転職者も多い

生活指導員として勤務をするときに最も重要になるのが、介護支援を受ける人や家族の身になってプランを立案するということです。

実際に介護や福祉の業務を行う施設と、それを受ける本人とをつなぐ役割をするのが生活指導員の仕事となりますので、両者の都合を把握した上で最もよい方法を探して提案していきます。

そのため、まず介護や福祉の制度について熟知をするとともに、過去の事例などをもとにした最適なプランを提案する能力が求められるのです。

高齢者介護施設においては多くの人が医療ケアも同時に必要としていますので、介護関連のサービスだけでなく、医療関係の施設とも連携がとれる人でなくてはいけません。

就業ルートとしては福祉系の大学や短大に入学し、そこで社会福祉主事任用や社会福祉士の資格を取得してから施設に勤務します。

実際の現場においてはそうしたストレートに生活相談員を目指す人だけでなく、他業種から転職をしてくる人も多く、中でも看護師などの医療関連の仕事から転職する人が目立つ傾向です。

看護師からの転職をする人の多くが、看護活動を通して本人にとって最期を迎える場所はどういったところがふさわしいか、ということを考えています。

生活指導員が関わるのはさまざまな理由により介護が必要となっている人なので、そこで専門的な見地からどういった支援が必要かということを分析して、適したプランを考えていくのです。

多くの人との連携をとるためコミュニケーション能力が問われます

生活指導員の仕事では、介護や医療ケアを受ける人とそのサービスを提供する事業所、さらに各種支援制度を行う自治体の窓口など、かなり多くの施設と連携をとっていくことになるでしょう。

そのため介護や福祉に関する知識を十分に備えるだけでなく、実際にそれぞれの施設に足を運んで実態を把握していくというコミュニケーション能力が必要になってきます。

それと生活指導員のもう一つ重要な任務となるのが、実際に現在受けているサービスの内容について不満がある場合の解決をしていくということです。

介護の現場においては実際に介護を受ける人ばかりでなく、その周囲の家族やスタッフもかなり密接に関係していくことになります。

ですので起こりがちな問題をあらかじめシミュレートしておき、そこから相談を受付けて解決のための手段を提案するのです。

これから初めて介護支援を受ける人やその家族、あるいはこれから最期を迎えることになるであろう家庭では、大きな不安を抱えています。

そうしたサービスを受ける側の不安や疑問を相談として受付け、ただ事務的に対応をするのではなく、それぞれの人の気持ちに寄り添ったケアをしていくことが大切です。